べにやまぶろぐ

技術寄りの話を書くつもり

Trello のハッシュタグをもとにカードに色づけしてくれる Chrome プラグイン "Colored Hashtag for Trello" を Yeoman を使って作ってみた(その1)

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

年末はインフルエンザで寝込んでいたのですが、休暇中に作りたいものも一杯あったのでちょこちょここんなのを作ったりしていました。何気に元旦リリースです。

Colored Hashtag for Trello - Chrome ウェブストア

ちなみに GitHub はこちら。

beniyama/colored-hashtag · GitHub

読んでの通り、Trello のタイトルにハッシュタグを含めるとそれに応じてカードの背景色を変えてくれます。

f:id:beniyama:20150104012317p:plain

こんな感じ。

Trello はデフォルトでもハッシュタグを打つと都度色の違うラベルを薦めてくれるようですが、ラベルはラベルで他の用途に使っていたりもするので背景色をまるっと変えてしまいました。

例えば自分のチームだと、ストーリーに紐づくタスクにはストーリー番号をハッシュタグで打って、ラベルでは『障害』とか『ToDo』とかのタスク種別を管理するようにしているのですが、結構(ストーリー)番号で確認するのって確認コストがかかってしまってコミットしたストーリーをきちんと終えるのにどれだけのタスクが残っているのかわかりづらかったりしていました。

なので色づけして、色がついているタスクはストーリーに紐づいているので優先度が高く、かつどのストーリーにどのタスクが紐づいているか色の種類でぱっと見でわかるといいなと思って作ったのが今回の作品になります。

色とか自分で設定できたらいいなとかはあるんですが、一旦リリースしてまずはチームとか、部内からのフィードバックもらいながら改善できればと思います。あと今回は兼ねてから気になっていた Yeoman の generator-chrome-extension を使っての、しかも初のブラウザ(Chrome)拡張機能開発で、コード自体はたいしたことないものの色々勉強することが多かったです。特に Trello って AJAX の極みというか、かなり柔軟な UI なので拡張機能もいろいろ考えること多くてそれはそれで大変でした。

その辺のトピックも追々ブログに書いていければと思います。

↓ 続きの記事を書きました