読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにやまぶろぐ

技術寄りの話を書くつもり

GitLab 7.5.3 でマージリクエスト時のコミットログが大量に表示される問題が解消

GitLab 7系に上げてから出ていた表記の問題、下記の stackoverflow にあるようにブランチ比較に使われている git ラッパーの Rugged のバグに起因するものでした。マージリクエストを作成するとブランチ間の差分コミットが全履歴分?出てしまって画面で diff を表示できない、そもそもブラクラになってしまうというものでした。

これも stackoverflow に書かれているように Gemfile.lock の Rugged のバージョンを 0.21.2 に手で修正して bundle install をやり直すことで回避できていましたが、ようやく最新の 7.5.3 で正式に解消されたようです。

GitLab | GitLab 7.5.3 Release

GitLab 7.5.3 updates Rugged to 0.21.2 to solve issues with 'finding too many commits'. This issue could cause the PostReceive job triggered by a git push to take a very long time and consume a lot of memory.