べにやまぶろぐ

技術寄りの話を書くつもり

Docker Hub と GitHub を連携させて、SparkR を RStudio から呼び出せるコンテナイメージを公開してみた

バージョン : Spark 1.1.0

長ったらしい題名ですがそのまんまです。以前書いた お手軽に Spark と SparkR を触るための Dockerfile 書いてみました。 - べにやまぶろぐ で Apache Spark と SparkR をセットアップして RStudio とつなげてみたもののそれからメンテナンスできてなかったので Spark も 1.1.0 になったことだしと思って更新しました。

こちらが GitHub です。

ところが Spark のビルドってすごい時間かかるのでもういい加減構築済みのイメージ提供しましょう、ということで今回初めて Docker Hub に登録してみました。

こちらは Docker Hub。

Docker Hub ですが、GitHub に Dockerfile 載せておけば push が走るたびに docker build を自動的に流せる Automated build が便利すぎます。詳しい解説は いまさら聞けないDocker入門(終):Docker Hubの使い方とGitHubからのDockerイメージ自動ビルド (1/2) - @IT にあるので割愛しますが、ローカル PC をひいひい言わせなくてもクラウドでビルドして出来上がったら勝手にリポジトリに登録して docker pull とかすれば誰でも使える状態にしてくれます。

f:id:beniyama:20141202011403p:plain

Docker Hub へは GitHub のアカウントでログインできますし、GitHub の README.md も勝手に Docker Hub のページに同期してくれるので、いちいち同じ説明を書く必要がありません。よく考えられてるなぁと思います。

README にも書きましたが、

$ docker pull beniyama/sparkr-docker
$ docker run -d -p <YOUR PORT>:8787 -t beniyama/sparkr-docker

などとして

$ boot2docker ip
The VM's Host only interface IP address is: 192.168.xxx.xxx

で boot2docker vm の IP を確認、そして http://192.168.xxx.xxx:<YOUR PORT>にアクセスすれば SparkR 梱包済みの RStudio をすぐ使えますので是非お試しいただければと思います(初期アカウントは rstudio/rstudio)。

↓ 昔の記事