読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにやまぶろぐ

技術寄りの話を書くつもり

サブディレクトリを切って Jenkins さんを走らせるときは JENKINS_ARGS の確認を忘れずに。

バージョン : Jenkins 1.564

Jenkins さんだけ xxx.xxx.xxx.xxx:8080 とか野ざらしで可哀想…と思って Nginx のリバースプロキシ傘下に加えて http://hoge.hage.jp/jenkins とかでアクセスさせようと試みたのですがうまくいかない。何度やっても file not found 的な画面が出る。しかし Jetty が吐いているのはわかるのでおじさんまでは到達している。

そこで調べてみると Running Jenkins Behind nginx | Phase2

To get Jenkins ready to run behind a reverse proxy, we’ll first want to have it stop binding to all interfaces and just have it bind to the local loopback address (127.0.0.1). This behavior is controlled by the httpListenAddress option in JENKINS_ARGS. Making Jenkins available at /jenkins is similarly controlled by the prefix argument in JENKINS_ARGS.

と書いてある。例としては

JENKINS_PORT="8080"
JENKINS_ARGS="--prefix=/jenkins --httpListenAddress=127.0.0.1"

などとあって、この JENKINS_ARGS に --prefix=/jenkins をセットしてあげれば良さげ。

肝心のファイルは jenkinsとapacheの連携 - Dev3TechHack にあるように /etc/sysconfig/jenkins にありました。

おじさんが sysconfig なんかに設定持ってること知りませんでした。出直してきます。。

何はともあれこれで無事解決しました。